▲▲▲▲
▲2018.6.8-10
lal banshees 新作vol.2
『ムーンライトプール』
シアタートラム
詳細
ヨコヤマのサイトです
www.yokoyamanaa.com

ヨコヤマのついいたー https://twitter.com/yokoyamanaa

デザイン・イラストまとめたんぶら
http://yokoyamanaa.tumblr.com/



ヨコヤマにっき。
ヨコヤマアヤノのにっきです。fafafa〜。
月の裏側見えない - 日記
キューシート終えた。
終えてないけど。

やりたいこともしかしたらすごく地味で少ないのかもしれない。と思った。
ラスト、ピンときてなかったけど文字にしたらしっくりきた。
まだまだ変えて行きたい。
明日、というか今日スタッフ見せ。
バタバタしている。

0515 - 日記
2時くらいかなと思ったら4時でしかも外が明るい。

稽古場兼作業場兼寝泊まりできるみたいな場所が欲しい。
オラファーエリアソンスタジオ(名前知らない)とかパーツとかはそれに加えて美味しい食堂まで付いてる(ビーガンだけど)いいなぁ。パーツは学校だけど。
今日は一曲練習用にまとめた。
集客のこととか考えるときりきりする。
作品はきりきりせずしっかり楽しみたい。まだまだだが。

0508 - 日記
帰りの公園で紫蘇の匂いがした。
紫蘇ジュース誰か作って欲しい。
今年も梅漬けられず。
誰かつけて欲しい。

迷ってるときは大体良くないので迷いを明確にしていく。ためにユニオンに行ってどうしても必要なCDを購入。
更に迷う結果になった。
名監督たちのバイタリティすごい。



0507 - 日記
トレーラー今日だけしか作業したくないです、ということで意地で終わらせた。
特に凝っていないし編集もわたしの限界だけど、公演終わったら映像用に少し変えてちゃんと撮ろうねと思った。
今はさすがに見れてないけどここ半年のイカれた映画監督たちのおかげでさくさく進んだ。

ぶっ通しでやっていたので編集終わってベットの上に休憩したらいつの間にか寝てた。
外が薄っすら明るくて青い。
雨の日の明け方。
一ヶ月後。先のことなのに後と書く。
先のことを想像するのは月にいる気分だな。

ワルツを踊れ - 日記
稽古期間が突入する前に買った小説が何だか全然読み進められなくて最近はそれどころではなかったので手をつけていなかったのだけど今日電車で読み切った。
読み進められないのは面白くないというわけではなくて、何も起こらないむしろ起きた後、に更に状況が自分に重なる、わかるけどそこを言葉に置き換えたことがなかったなと思うことが延々と書かれていた。
東武東上線から荒川を渡り、不意に川が視界に入ってきて一瞬心が軽くなりまた戻る、また川が見えたら明日から仕切り直して頑張ろうと思ったが川は二度と現れなかった
というような一節があり(文章結構違う)、ここだけで読んでよかったなと思った。

千住に向かう方面を久しぶりに行った。
その時通る橋からの眺めが一番好きだな。





れら - 日記
どこも繋がっていなかったのに(頭の中では繋がってた)、無理くり前半を通した。
寝ながら考えると閃いても翌日すっとんでる。


雨の朝です - 日記
何でこんなに作ってるのに尺が大してないように感じるんだろうと最近ずっと思っていたけど、ほとんど早い曲ということがさっき歯を磨きながら発覚。アホ。
説明の時間があまり取れていなくて申し訳ない気持ちと、自分はやり方なんて本当にどうやってもできない時にしか聞いたことない(リハでは)だからできるはず、という極端な気持ちが存在してる。
でも自分の当たり前は全く通用しなかったりする。
全く関係ないが衣装まちちゃんと打ち合わせ中この話題になったときに、まち巨匠は「ダンサーなのに踊れないで稽古場きたらダメじゃない?」という超スーパーウルトラ真っ当なことを言っていた。本当にそうだと思います。
わたしは東京ELECTROCK STAIRSもといKENTARO!!さんのところで踊っていなかったら今の自分の当たり前は果たして日本でダンスやっていたら身についていたのだろうかと思う。
でも恐らく自分より若い子にはそういう普通もあるのだよとわたしが教えてあげる番(ここでは)なのかもしれない。
ふぁ〜〜ん。
実際どっちでもいいのだけどわたしのところでは申し訳ないのだけどわたしの普通を通させていただきたい。
作るのと踊るのは大丈夫なのに教えるのが嫌いってどうしてこう物事ストレートに結びつかないのか自分。

技術は限界がある、気力が作品に映る。
という話を聞いてぐっときた。

人って変わるな、と思っているけど、もしかして変わったのは自分なのかもなと思った。
そろそろ自分のところも作っていって踊りたい。

世界、構築しましょう - 日記
数日録音したり衣装の打ち合わせをしたり自主練で一人になったり二人になったりして立て続けにいろんな人と話した。
自分ができないことを助けてくれる他の分野の人たちの作業を見たり話したりしていると自分は無能なんじゃないかという気持ちになる。
無能なんだけど。


自分の作る癖だと絶対にとらないカウントの取り方で構築した振りを練習すると自分で作ったものなのにすんなり覚えられなくて発狂しそうになった。
テクニックが特殊というよりカウントがいつもと違う方が覚えられないということを学んだ。
こんだけ振りが詰まっているのに2分ですか!というパーツがたくさんある。
ダンサーずLINEにオススメというかわたしの好きな映画監督たちをリンク付きで投稿したのに対して全スルーだったのが余裕のなさなのか映画興味ないのかどっちなんだろう。
このタイミングでそんな話題を出すなと思われているかもしれない。


意味がないとなると面白いことが無限になる。
意味をつける意味とは。

過去のない - 日記
DM1に限界を感じたのでKボスに以前おすすめしてもらっていたgadgetデビューした。
iPhoneの画面でトラムを想像しながらちまちまと打ち込んでいきます。
難しい。
使いたい音色を探し出すのが一番難しい。
つまみが画面のせいでうまく設定できない。
iPhoneなので仕方ないが、画面タッチの反応の悪さに冬の悪循環を思い出した(画面修理した次の日に割った)。
くっ。


この前、康本さんとグレープバインを見た帰りに康本さんとKボスが話していたことを思い出した。
たぶん結婚や妊娠が1つの踊らなくなる境目なのだと思うけど、子どもが生まれて踊りたい気持ちが増した、という話しを聞いて良いなと思った。
なんとなく、周りの女性ダンサーにはそうであって欲しい気がした(その人の自由だけど)。

ここ数日で、あ、わたしにも過去があったんだなぁ〜〜と思った。

明日、というか5時間後くらい、チケット発売です。

焦らない。焦らない。焦らない(暗示)。

寂しさについて - 日記
女らしさを排除したい、かわいさとかいらない(かと言って男っぽくしたいわけではない)、テクニックは大事にでも見たことない動きを作りたい、という感じに振りを作っていくと踊りにくくなる、テクニックになっていてよく見る動きってやはり動きの流れに沿っているのでやりやすい。
でもダンサーならその踊り難さを染み込ませたら踊りやすくなるのではないかな。
見たことのない動きがやっぱりワクワクするね。
誰もそんなの気に留めないと思うけど。
ダンスは表現だけど、ダンスはダンスとしてまず楽しみたい。
ていうか滲み出るものではないのだろうか論の人は意外と少なそう。

この前の稽古始まりにすこし話をした。
わたしは意外と独断で押し切ることがない。嫌だから。
これでもかなり気にして譲歩している。
どうでもいいなと思うときも多いけどそういう時の話ではなく。
でもそうじゃなくていいときがたぶんたまにあるようで、押し切るのは苦手なのだけどわたしの考えを話した。
正直全員が全員どう思ったかはわからないけれど、わたしのあらゆる対人関係問題は大体わたしの言葉足らずが原因とされてきたので、恐らく話すぎくらいでいいのかもしれない、話してよかったと思う。
問題が発生しているわけではなく、練習の仕方とか。
群の作品なのに自分にひとりで向かって下さいと孤独を強いて何言ってんだと思ったけど。
ひとりを見せるのはソロだと楽勝だけど、群でもひとり(ひとり)を見たい。
全く関係ないが、心ないことを平気で言う人だっているしそれが正しいと思ってる人だっている。
いつも正しいとされることの反対には人がいるし正しさが正解とは限らないのにね、といつか思ったことを数日前に思った。
話を戻す。
作り方がいつもと違っていて不安になりがちだけど、せっかくなのでこの感じ楽しみたい。
細々やっていたので少しずつ森を形成していく。
あと躊躇せず植え替えしていく。
ダンスの話です。


乾燥している。
お腹が全く減らない。と思ったらメモを見てようやく本日のお腹が急激に空いた。
もんじゃ食べたさ。
稽古で散々水道橋に行っているのに今回まだエチオピアっていない。