▲▲▲▲
▲2017/7 東京ELECTROCK STAIRS新作vol.15
ダンスと演劇二本出ます。
▲情報
ヨコヤマのサイトです
www.yokoyamanaa.com

ヨコヤマのついいたー https://twitter.com/yokoyamanaa

デザイン・イラストまとめたんぶら
http://yokoyamanaa.tumblr.com/

drawing
https://www.instagram.com/yyooooooyy/


ヨコヤマにっき。
ヨコヤマアヤノのにっきです。fafafa〜。
家の横の花壇が気に入っていた - 日記
この家に越して来て4年経ったわけだけど、4年前捨てれなかったものが4年後の今捨てられる不思議さ。



ここで寝るのも最後かぁ〜と言っても実感ない上に、もう朝だ。屋根裏みたいな部屋、割と気に入っていた。

民間伝承 - 日記
ぎゅーって目を瞑って(手を目に当てたり)、次開けたときに何にも見えないかもしれない、見えないというより世界が真っ黒になってるかもしれない、それはそれで面白いです音だけが聴こえる。ということをずっと昔から思ってる。でももちろんそんなことはなく何にも変わらないで目の前に見えてたものが見える。

真っ暗で、良い音で良い曲がかかるクラブに踊りに行きたい。


よく知りもしない知識で人を否定するのも嫌いだけど、よく知りもしないでうわべで人を擁護するのも結構嫌い、というかなんとなく気持ち悪い、と思うことが都会だと人間が多いので度々起こる。

ラベンダーがたぶん花の中で一番好きかもしれない。

クタクタで精神的にももやっとしてるときに弾き語りを聴きたくなるけど、そこでまんまと聴くとずるずるいくのでそういう時は逆にごりごりのhiphopに限る。
最近泣くほど良い曲に出会ってない。CD買ってないからか。

風つよい - 日記
このリハーサル真っ最中期間にまさかの地獄の引越し。気がふれてCDとか本を全て捨てようか(売ろうか)と思ったけど、選べない上に店まで持っていくのが面倒だなとなり結局一枚も捨てれずダンボールに詰めた。
と書いて自分を安心させてるけど、実際それ以外何にも着手していなくて流石に心配になってきた。
なんの感慨もない今の家もあと数日。
引越し面倒すぎていっそ誰も知ってる人がいない海外とかに行きたい気持ちが薄っすら湧いた。幻のようなもの。


肩凝りの頭痛と気持ち悪さが酷すぎて耐えられず銭湯に行ってみた。
ら、見ず知らずの小学生3人娘に絡まれ前半30分は癒されるどころか子守みたいになってた。

関係のないことで気持ちを逆流させられ肩が凝ったりなんとなく気持ちがヘコむのを少し減らしたい。


今残ってるところはたぶんやりやすいように動かしちゃってるところで、そこを修正したら良いのだけどやりやすいからそうなってるわけでなかなか染み込まない。


若い人の集まりが好きってわけではないけど、音楽は若い人がイベント企画してくれていたりするので良いなと思う。

スマホ捨てたい。

ハスモクレン - 日記
今住んでる部屋は寝ている頭の方向の窓に大きな木があって、鳥の群れが住み着いていてこのくらいの時間になるともう数匹起き始めて鳴く。たまにすごくうるさい。その木とは違う気がするけど、同じ方角の方から地元でよく聞いていたフクロウ?の鳴声も聞こえる。


髪の毛、まぁまぁ伸びてきたけど、伸びるの死ぬほど遅くて飽きた。

最近5.6月のくせに暑すぎるだろという日が続いているけど、夜は寒くて、なんとなく長野の夏の感じに少し似ていて、似ているな、と思う感じが今年は多いのでこれはこれで良いな。

今日はずっと頭が重いな、口の中が変な味がするな、と思っていた(風邪ではない)。夜中帰ってきて、あ、これ肩凝りのマックスのときだと思い出した。思い出すの遅い。

この前、家で作業しながら映画観ていて、小説が映画化されるやつはもっと原作者が評価されても良いのでは、と思うことがあるなぁ〜と思った。吉田修一は本の方が好きだな。

今日は移動以外ずっと踊ってた。

レクイエム - 日記
金曜高校の授業の後、パブリックトラムの稽古場で吉田くんと自主練場所シェアして途中パブリックに勅使川原さんのダンス観に行って、戻って来て少し練習。
稽古場からすぐ劇場行ってダンス観てそのあと練習って意外と良い。

勅使川原さんのは、今年たぶん80くらいになるのかな?の地元の師匠のことをずっと思い出してた。佐東さんが後半出ていなくて中盤以降の勅使川原さんの手の動かし方が似ていたからか、あと最後に昔踊ってた曲が流れたから。
連絡は取ってないけど、今はまだ踊ってるのだろうか、とか、席が前の方だったので結構細部まで見えてずっと考えてしまった。
怪我とか大病になってなければ踊ってると思うし、わたしが地元にいた時点で70位だった気がするからその時点で生涯現役と言っても過言ではないのだけど、たぶん踊ってるし、生涯現役ってかっこいいな。
飛躍して、ダンスとかダンスじゃなくても良くって、まぁそういう表現活動だったとしたらやってる自分を目の前にして違う人や現象を思い出すというより想像するのは良くないのかなぁ、なんて思った。今書くと、全然良いと思うのだけど。想像だけで泣けて(師匠生きてますが)、もはや目の前のダンスはあまり関係なかったように思う。
師匠の「手の一つの動きだけで人を感動させる」という言葉(踊らない、という意味ではない)が子どもながらにかっこいいなと思った。極論。

演劇の稽古が始まって既に勉強になっている。そちらも頑張りますが、動き一つ一つ細部まで見直したいなと思った。


去年の - 日記
随分前に編集しておいた去年の映像。
どちらも即興。イベントの方はまんまと右手ばかり使う現象と同じ音の取り方をスピード変えて繰り返す現象に陥ってる。今年は即興鍛えたい。
https://vimeo.com/168818419?ref=tw-share

https://vimeo.com/219222410?ref=tw-share

あと、音の解釈を即興でも具現化できるように。


人と話していて、その人の優しさ(僻みではなく)こういうこと言えるのはこの人はきっと本当の少数派に立ったことないのだろうなと思うことがあった。どちらが良くてどちらが悪いという話ではない。
普通に優しいねって話。 出戸教ではないですが、前に出戸さんと田我流のインタビュー聞いていて、出戸さんは信頼できるそういうことできる人が周りにいないから自分でやるしかなかった的なことを言っていて、作り手としてその感覚は信頼できると思った。

月まで10歩 - 日記
副業在宅デザイン仕事の案件がフライヤー業務にジャストヒットしてた時期を乗り越え(ほぼフライヤーしかやってなかったけど)無事?フライヤーをコンプリートした。


去年は目が冴えていて見えるものが違った気がしたけど、今年は嗅覚が冴えてる気がする。草花の香りが強い。
それか、わたし個人ではなくただ単純に草花の香りが強いか。


強く動くのは簡単なので、弱く(柔らかく?)速く動くのを遠くに届かせるように動きたい。腕に肉がなく直線に見えがちなので隅々までコントロールしないといけない。今更。
当たり前なのだけど、こう踊りたいとか思いながらそれに擦り合わせていくと身体を制御してることになるのだけど、でも不思議なことにその密度が上がれば上がるほど自由にもなる。と思ってる。自由に動きたくて制御していくということになりますね。解放、とかそういう類はいまはなし。

最近啓示的な夢をみるけど忘れる。
励みとかそういうものではないとき、自分(の状況)を助けるのは自分。って作業中に流してた映画を聞きながら思った。

やまのね - 日記
時間ないのに時間ない方がとことんやりたくなってくる余計な性格が出てきた。
日の出早くて焦る。焦ってもものすごく早く描いても線の数が多いのでスピード上がらない。

今日気づいたら二食とも蕎麦だった。

一旦冷静になろう、と寝るときに思う。なう。

レコードの溝 - 日記
日暮里上野御茶ノ水水道橋あたりのホームや道の感じが結構好き。昼間も良いけど、夜はますます良い。上野はちょっと違うけど。日暮里のホームは結構好きだな。
水道橋を使うようになってから飯田橋での稽古が好きになった。

いつも新作のときに思ってはいるけど、クセとかいつもあるような感じで音の取り方とか踊り方解釈したくない。キレよりメロディ。しっかり塗り替えたい。あと、体現。
でも前よりできる気がしてるのでしっかり染み込ませたい。あと、苦手をちゃんと克服する。

フライヤーの裏に悪戦苦闘してる。表、手つかず、、。

ここでお知らせ - 日記
web地味に頑張ったのでぜひ見て、そしてwebが可愛いと広めて欲しい。嘘です。webじゃなくて、いろんな人が劇場に来てくれたら良いな。

http://www.tokyoelectrock.com/works/vol15/info.html


フライヤー、ばっきばきに作ります。


Tシャツも描いた。非売品。
絵は、描くの好きだな。
全然張り合えないけど、デジタル社会の幾何学記号的なデザインが流行ってる中でそうじゃないのが好きだなって今回わかった。
カラフルっていう条件だったけど、自分では色つけるの馴染みなかったけど、色つけるの楽しいかもしれない。色鉛筆もっと上手になりたい。水彩絵の具もいつかやってみたいな。







紙ブックカバー作って物販で売りたい。