▲▲▲▲
▲2018.2.14-15 東京ELECTROCK STAIRS 急な坂スタジオ


▲2018.6.8-10 lal banshees 新作vol.2
『ムーンライトプール』
シアタートラム
coming soon
ヨコヤマのサイトです
www.yokoyamanaa.com

ヨコヤマのついいたー https://twitter.com/yokoyamanaa

デザイン・イラストまとめたんぶら
http://yokoyamanaa.tumblr.com/



ヨコヤマにっき。
ヨコヤマアヤノのにっきです。fafafa〜。
あなたを選んでくれる - 日記
去年の今頃は本番中でしかも発熱という時期だったなと思い出して、それは何でかと言うとちょうどバレンタインシーズンだからなのだけど、誰も作ってこなければよかったものの、見事にみんな作ってきて本番中料理とか一切したくないのに何だこのバレンタインって、、と強く思った年だった。
すごく前に感じるけどまだ1年前。

ミランダジュライの本を引っ張り出してきて開いたら買った時のレシートが挟まっていて2年前のちょうど今頃だった。

- 日記
薄っすらやらなきゃいけないことが立て込んでいる。
踊ることと作ることは良いけど、スケジュールを組む(そしてその連絡が大勢なら大勢なほど)ということが死ぬほど苦手で嫌いだということをありありと思い出している。
まじで何なんださっさと連絡地獄終わりたい。
スケジュール組と連絡が得意な人材でありたかった。

お金が有り余るほどあるところなんてないかもしれないけれど、お金がしっかりもらえていればスケジュールの問題とか言わないのだろうな、ということが感じとれると腹がたつ。
確かに生活できないと困るけど、生活できないスケジュールでは全くない。
役者は数ヶ月前から貯金してるし、という言葉を思い出す。
そんなことなら自分の生活基準で出られるところだけに出れば良いのではないだろうか。
確かにダンサーは大事だけど、例えばギエム(ギエムじゃなくても良いけど、世界的に超スーパーダンサーということでギエム)が出てくれることになって、わたし朝方なの朝しかリハ無理なの、と言われたら朝にするかも、いやでもそれギエムの作品だったら良いけどギエムの作品の前にわたしの作品だからあなた一人に合わせて朝にするのは無理だわ!ごめん!ということでやっぱり作品制作サイドのスケジュールに従えるための生活を手に入れておくのも大事だったよねそう言えば。ギエムは全く関係ない。例えに出してごめんなさい。そしてギエムが出てくれるならあっさり全部朝にします。
TESはレッスンとか本番のNGは考慮してくれるけど、そもそも他のNGなんておこがましくて出せません、というスタンスってもはや普通じゃないんだなーとこの前人と話していて思った。
週5でリハしているところもあったし(そんなにやらなくても良いのだけど)、は?NG?2回もあるの?もう出なくて良いよ。みたいなところだってあるのに(今は知らない)、なぜ生活に合わせなきゃいけないのか。
生きていくために生活しなきゃダメでしょとか言われるのだろうか。
いや、生活は大事ですが、全員の生活をかたっぱしから考慮するなんて無理、合うわけがない。
生活のために踊ってるわけじゃないだろうに。

これがピナだったら絶対NG出さないだろ!と思いながらそりゃ比べ物になりませんよとも思うが、そもそも優劣つけて踊ってる時点で自分が踊ると決めたことなのにどういうことなのだと思う。
わかりますがわからない。
(だから未だにこんな地に足つかないのだけど)
生活はしないといけないのだけど。
どちらもきれいごとだけじゃない。

というのが年々増えてきて、切なくはないけど、何で何だろうなと思う(そうならない人もいる)。

と散々書いているけれど、むしろみんなさっさと人1人生活させられる人と結婚して日中の時間空けろ!というよくわからない気持ちがみんなに対して湧いてきた。
生活しないといけないということは痛いほどわかってはいる。申し訳ない。
生活というか仕事なのだけど。
何を選んでいるかということなのだな。
自戒も込めて消さない。
もう何でもかかってこい、という気持ち。

涙はランニングじゃ蒸発しません - 日記
映画を見過ぎている。
そんな場合ではない。

仕事のちTES稽古で再び横浜。
桜木町に行きたくなく、日の出町の方から検索したら日の出町の方が早いし安い。
なぜ今まで桜木町だったのか。
日の出町から急な坂スタジオに行く道で細い坂道の階段がよかった。

なんとなく、踊り方が変わりそうな気がしている。どんどん変えたい。

帰り道、最寄の駅から歩いていたら星が結構見えた。
HIPHOP最近の聴いていないな。クラブに行きたいな。大きい音で好きだなと思う音楽を聴きたいな。と思いながら帰宅。
帰って来てすこし仕事して映画を見た。

そろそろ映画見過ぎやめないと、と思っているので爆音上映まで待てなかったやつを見た。
結果、爆音上映でも見たくなってしまった。敢えて朝9:00からのアンダーグラウンドも行きたいけれど。

良すぎて何にも言いたくない。
強いて大したことではないところでよかったのは(というのは他の部分は言いたくない)、次に備えてと言いながら元彼女の荷物をすべてダンボールに入れて隠した(整理した)ところで、その直後元彼女と偶然遭遇したときに「捨てて」の許可も下りたので恐らくこの男は捨てると思うし(それは知らないが)、本当に最高なのはこの人なんじゃないかと地味に思ったのでした。
女の子は最高すぎるけれど誰しもがその最高さわかってくれるとは限らないので、この地味にとんでもなく最高な男と永久に楽しくやってほしい、と珍しく映画の登場人物に対して思ったのでした。

というか、これとっておかないでさっさと見るべきだった。
あと変な時系列のこと考えているせいか、普通の時系列の方が一瞬わからなくてきょとんとしてしまう症状。

記憶にある - 日記
映画を見過ぎている。
そんな場合ではない。

昨日から日記をちゃんと書こうと思って書いていたらアップする前に力尽きて寝て起きた時には消えていた。
昨日結さんとすがちゃんが出てるダンスを観に行った。
幸平さんもいて久しぶりに話した。
あやのいい表情になったね何か抜けた?と言われたが、それは幸平さんと踊っていた2010-2012のときと比べてなのかなんなのか。

2018年ゆったりだな〜〜なんて1/3くらいまでは思っていたけどあっという間に2/5も終わりであります。
間違えた、2/6

見つけだす - 日記
いろんなところから給料明細?が送られてくるこの季節。
きちんとしたいすっきりしたいでもできないことが多い、うちの一つ。
こんなところで仕事したっけ??と思いきやはるか昔の記憶のものが実は1年経っていなかったりしている。
去年はすっごく早かったけど全てがもう遠い。

2016年のときと流れが若干似ている。
2016年のこのくらいに思い立って友だちと友だちの彼氏を巻き添いにして仙台へ行った。

エターナルサンシャインの良さを長々と書きたかったけど今日はお昼も食べずにパソコンにかぶりついていたのでもう限界。

1月お疲れ様でした。
早いようで長いようで短いようで遠くて近い。

ときをためて - 日記
急遽代行レッスン後、6月の稽古予定やら予算書やら企画書やらをまとめる。
まとまりきらなかった。
うん百万の数字を見ながら心臓がばくばくする。
作家が制作やらない方が良いに決まってるしやらない未来になるように願いつつやれるだけやる。というか日本のカンパニーボスたちはみんなやっているのだな、、みんなではないが。
クソiPhoneでチープなドラムループを組み始めた。タイトルがあと一歩。

夏にDIYした棚と壁掛けではなく置かれてる時計さま

目の前にいても過去なのです - 日記
早寝早起きをしたおかげか昨日とは打って変わって、フライヤーの絵を描いてもらうオザキさんに会いに行く道すがら昨日(まで)の出来事や感覚が面白くなりどあほだな〜〜と思いながら笑った。

オザキさんには旗揚げ同様わたしが言葉をいくつか送って自由に描いてもらう。
オザキさんの絵が好きだし、わたしが指定するより、どう思ってどういうものが出てくるか見たいというのもある。
大きく描いてもらう。

最近は熱々のブラックコーヒーが美味しく感じる。

冬が長くて寒い - 日記
大体嫌なことが起きても笑える方に変換できるのだけど、そういう風に考える気にならず、薄っすら嫌だなこの感じというのがわたしはあって、あくまで感じなので具体的な要因はあるようでないのだけど(自業自得ともいう)、そういうことがずずずっといくと悪いループが始まってついてないことが立て続けに起きる。という周期なのかなんなのかがわたしにあることを30年生きてきて少しだけわかる自分のことです。
対人間とか因果関係がある感じでもなく本当に感覚的なことなのだけど。
大きなことが起きる前に落ち着いて気をつけたい。反面、いい加減飽きたなこの感じ、なんでいちいちそんな気にしていかなきゃいけないんだ。という気持ち。
がらっと何かを変えたい衝動が最近すごくある。一言で言えば飽きたということなのだけど。
全てのSNSアカウントを消したい。とか。
変わるのこわいと思うところもある。
みんなそういうのを脱すべく髪型を変えたり変えなかったりしているのかな。
卑屈になりそうなので、人なんて関係ねぇ!ともなりそうだけど。実際関係ないのにね。
好きなものは好きだけど興味が向くものが少ないのかもしれないなとこの歳になって思った。
数少ない興味の先を楽しみたい。
予感は気のせいであってほしい。
あと、そうはさせてたまるかという気持ち。

と書くほど何か起きたわけではないのだけど。
情緒は安定してる。
映画しこたま観たので、そろそろ土に植わってる木や花を見たい。
そろそろがっと作り始める。楽しみですね。


結さんからlal bansheesのときにもらったカレースパイスセットをようやく使ってカレーを作った。
カレー好き好き言っていたらその時期いろんな人がスパイスをくれた。
でもカレーはお店が美味しすぎるので家カレーではないインド風は作らないことにしていたのでかなり今更であったけど使えてよかった。
2018年カレー始め。

ここは東京日本 - 日記
雪の溶け残りが夜になるとつるつるに凍って月明かりでぴかぴかしていてとてもきれいだった。
月が低いのに星がたくさん見えた。
低い月好きだな。


1月の現状 - 日記
今年は日記(ブログ)を頑張って書くと言った(言ったっけ?)わりに全く書く気持ちが起きない。
というか、文字に起こそうとするとつまらなくなってしまう気がしてそんな気持ちが年末からずるずると長い冬休みみたいになっている。
ホン・サンスの映画で、時間の概念についてほんの一言二言くらい台詞があって、それが意図なのか意図ではないのかはわからないけれどストーリーの時間軸も過去→現在ではなくいったりきたりしていた。
それを観る前に偶然、別に過去→現在の時間の進み方でなくても良いのでは?時間が進んでるとは限らない、みたいな仲の良い人にしか話せなそうなことを考えていたので、そのホン・サンスの映画にうっすらぐっときた。(それ以外はすごくあっさりしていた)
前に「昔に戻れるとしたらやり直したいか?」みたいなことを友だちに聞かれた。
わたしは全くもってそもそもノーなのだけど(あの頃は良かった的な時代背景は抜き)、過去が過去ではなく、過去なのだけど現在と同じ点の上にあるとしたら何をするのだろう。
残る人と過ぎ去る人と何が違ってそうなるのかな。


はまるとずっと同じことやものを続けるタイプではあるけどがらっと変えたくなる節がある。
でも今までは変えたいと思って変わるというより勝手にそういう変わらざるをえない状況になることが多かった気がする。
近況としては、初夏のダンサーずが全員決まり、でもタイトルを決めかねてる。
焦らず決めたい(でもわたしの場合のんびりしすぎてもだめ、のんびりしすぎるので。何事も)。
全く関係ないことかもしれないし始まる前からこんなこと言うのもなんだけど、6月が終わったら何かをがらっと変えたい。何になるだろう。
これも関係ないけど変わらないものあるかないかで言えばあって欲しい派。