▲▲▲▲
▲2018.6.8-10
lal banshees 新作vol.2
『ムーンライトプール』
シアタートラム
詳細
ヨコヤマのサイトです
www.yokoyamanaa.com

ヨコヤマのついいたー https://twitter.com/yokoyamanaa

デザイン・イラストまとめたんぶら
http://yokoyamanaa.tumblr.com/



ヨコヤマにっき。
ヨコヤマアヤノのにっきです。fafafa〜。
<< 光を溜める | main | 過去のない >>
寂しさについて - 日記
女らしさを排除したい、かわいさとかいらない(かと言って男っぽくしたいわけではない)、テクニックは大事にでも見たことない動きを作りたい、という感じに振りを作っていくと踊りにくくなる、テクニックになっていてよく見る動きってやはり動きの流れに沿っているのでやりやすい。
でもダンサーならその踊り難さを染み込ませたら踊りやすくなるのではないかな。
見たことのない動きがやっぱりワクワクするね。
誰もそんなの気に留めないと思うけど。
ダンスは表現だけど、ダンスはダンスとしてまず楽しみたい。
ていうか滲み出るものではないのだろうか論の人は意外と少なそう。

この前の稽古始まりにすこし話をした。
わたしは意外と独断で押し切ることがない。嫌だから。
これでもかなり気にして譲歩している。
どうでもいいなと思うときも多いけどそういう時の話ではなく。
でもそうじゃなくていいときがたぶんたまにあるようで、押し切るのは苦手なのだけどわたしの考えを話した。
正直全員が全員どう思ったかはわからないけれど、わたしのあらゆる対人関係問題は大体わたしの言葉足らずが原因とされてきたので、恐らく話すぎくらいでいいのかもしれない、話してよかったと思う。
問題が発生しているわけではなく、練習の仕方とか。
群の作品なのに自分にひとりで向かって下さいと孤独を強いて何言ってんだと思ったけど。
ひとりを見せるのはソロだと楽勝だけど、群でもひとり(ひとり)を見たい。
全く関係ないが、心ないことを平気で言う人だっているしそれが正しいと思ってる人だっている。
いつも正しいとされることの反対には人がいるし正しさが正解とは限らないのにね、といつか思ったことを数日前に思った。
話を戻す。
作り方がいつもと違っていて不安になりがちだけど、せっかくなのでこの感じ楽しみたい。
細々やっていたので少しずつ森を形成していく。
あと躊躇せず植え替えしていく。
ダンスの話です。


乾燥している。
お腹が全く減らない。と思ったらメモを見てようやく本日のお腹が急激に空いた。
もんじゃ食べたさ。
稽古で散々水道橋に行っているのに今回まだエチオピアっていない。

スポンサーサイト - -

COMMENT
| | |