▲▲▲▲
▲2018.10 東京ELECTROCK STAIRS at 韓国
▲2018.11 東京ELECTROCK STAIRS at マルタ
▲2019.2 lal banshees ソロピース&少人数ピースダブルビル at 東京
ヨコヤマのサイトです
www.yokoyamanaa.com

ヨコヤマのついいたー https://twitter.com/yokoyamanaa

デザイン・イラストまとめたんぶら
http://yokoyamanaa.tumblr.com/



ヨコヤマにっき。
ヨコヤマアヤノのにっきです。fafafa〜。
れら - 日記
どこも繋がっていなかったのに(頭の中では繋がってた)、無理くり前半を通した。
寝ながら考えると閃いても翌日すっとんでる。


雨の朝です - 日記
何でこんなに作ってるのに尺が大してないように感じるんだろうと最近ずっと思っていたけど、ほとんど早い曲ということがさっき歯を磨きながら発覚。アホ。
説明の時間があまり取れていなくて申し訳ない気持ちと、自分はやり方なんて本当にどうやってもできない時にしか聞いたことない(リハでは)だからできるはず、という極端な気持ちが存在してる。
でも自分の当たり前は全く通用しなかったりする。
全く関係ないが衣装まちちゃんと打ち合わせ中この話題になったときに、まち巨匠は「ダンサーなのに踊れないで稽古場きたらダメじゃない?」という超スーパーウルトラ真っ当なことを言っていた。本当にそうだと思います。
わたしは東京ELECTROCK STAIRSもといKENTARO!!さんのところで踊っていなかったら今の自分の当たり前は果たして日本でダンスやっていたら身についていたのだろうかと思う。
でも恐らく自分より若い子にはそういう普通もあるのだよとわたしが教えてあげる番(ここでは)なのかもしれない。
ふぁ〜〜ん。
実際どっちでもいいのだけどわたしのところでは申し訳ないのだけどわたしの普通を通させていただきたい。
作るのと踊るのは大丈夫なのに教えるのが嫌いってどうしてこう物事ストレートに結びつかないのか自分。

技術は限界がある、気力が作品に映る。
という話を聞いてぐっときた。

人って変わるな、と思っているけど、もしかして変わったのは自分なのかもなと思った。
そろそろ自分のところも作っていって踊りたい。

世界、構築しましょう - 日記
数日録音したり衣装の打ち合わせをしたり自主練で一人になったり二人になったりして立て続けにいろんな人と話した。
自分ができないことを助けてくれる他の分野の人たちの作業を見たり話したりしていると自分は無能なんじゃないかという気持ちになる。
無能なんだけど。


自分の作る癖だと絶対にとらないカウントの取り方で構築した振りを練習すると自分で作ったものなのにすんなり覚えられなくて発狂しそうになった。
テクニックが特殊というよりカウントがいつもと違う方が覚えられないということを学んだ。
こんだけ振りが詰まっているのに2分ですか!というパーツがたくさんある。
ダンサーずLINEにオススメというかわたしの好きな映画監督たちをリンク付きで投稿したのに対して全スルーだったのが余裕のなさなのか映画興味ないのかどっちなんだろう。
このタイミングでそんな話題を出すなと思われているかもしれない。


意味がないとなると面白いことが無限になる。
意味をつける意味とは。

過去のない - 日記
DM1に限界を感じたのでKボスに以前おすすめしてもらっていたgadgetデビューした。
iPhoneの画面でトラムを想像しながらちまちまと打ち込んでいきます。
難しい。
使いたい音色を探し出すのが一番難しい。
つまみが画面のせいでうまく設定できない。
iPhoneなので仕方ないが、画面タッチの反応の悪さに冬の悪循環を思い出した(画面修理した次の日に割った)。
くっ。


この前、康本さんとグレープバインを見た帰りに康本さんとKボスが話していたことを思い出した。
たぶん結婚や妊娠が1つの踊らなくなる境目なのだと思うけど、子どもが生まれて踊りたい気持ちが増した、という話しを聞いて良いなと思った。
なんとなく、周りの女性ダンサーにはそうであって欲しい気がした(その人の自由だけど)。

ここ数日で、あ、わたしにも過去があったんだなぁ〜〜と思った。

明日、というか5時間後くらい、チケット発売です。

焦らない。焦らない。焦らない(暗示)。

寂しさについて - 日記
女らしさを排除したい、かわいさとかいらない(かと言って男っぽくしたいわけではない)、テクニックは大事にでも見たことない動きを作りたい、という感じに振りを作っていくと踊りにくくなる、テクニックになっていてよく見る動きってやはり動きの流れに沿っているのでやりやすい。
でもダンサーならその踊り難さを染み込ませたら踊りやすくなるのではないかな。
見たことのない動きがやっぱりワクワクするね。
誰もそんなの気に留めないと思うけど。
ダンスは表現だけど、ダンスはダンスとしてまず楽しみたい。
ていうか滲み出るものではないのだろうか論の人は意外と少なそう。

この前の稽古始まりにすこし話をした。
わたしは意外と独断で押し切ることがない。嫌だから。
これでもかなり気にして譲歩している。
どうでもいいなと思うときも多いけどそういう時の話ではなく。
でもそうじゃなくていいときがたぶんたまにあるようで、押し切るのは苦手なのだけどわたしの考えを話した。
正直全員が全員どう思ったかはわからないけれど、わたしのあらゆる対人関係問題は大体わたしの言葉足らずが原因とされてきたので、恐らく話すぎくらいでいいのかもしれない、話してよかったと思う。
問題が発生しているわけではなく、練習の仕方とか。
群の作品なのに自分にひとりで向かって下さいと孤独を強いて何言ってんだと思ったけど。
ひとりを見せるのはソロだと楽勝だけど、群でもひとり(ひとり)を見たい。
全く関係ないが、心ないことを平気で言う人だっているしそれが正しいと思ってる人だっている。
いつも正しいとされることの反対には人がいるし正しさが正解とは限らないのにね、といつか思ったことを数日前に思った。
話を戻す。
作り方がいつもと違っていて不安になりがちだけど、せっかくなのでこの感じ楽しみたい。
細々やっていたので少しずつ森を形成していく。
あと躊躇せず植え替えしていく。
ダンスの話です。


乾燥している。
お腹が全く減らない。と思ったらメモを見てようやく本日のお腹が急激に空いた。
もんじゃ食べたさ。
稽古で散々水道橋に行っているのに今回まだエチオピアっていない。

光を溜める - 日記

全くブログを書けない(書きたくない)周期。

考えていることに言葉が追いついてこないのはいつもだけど。

 

昨日観た映画実はとてつもなく優しかったなと帰り道思った。

最近コンスタントに映画館で映画を見ている。

今までは稽古期間は一切行かず終わった後にまとめて見る方式だったので単館系はレンタルがなかったり単純に忘れてしまって見れていないのが多かった(今もですが)。

すべての映画に言えることではない気もするけれど、ダンスは生で見た方が圧倒的に良いように映画も大きなスクリーンでそれなりの音響設備で見た方が良いに決まってますよね。と映画館に行く度に思う。

 

がんがん積極的にやっているわけでは決してないと思う(やっている人からしたらスローペースだと怒られそう)だけど、

踊っていなくてもたぶん生きていけると思うけど(わからないけど)、踊っていなかったら今のわたしでは当たり前になくなるので、だからなんだということでもあるのだけど。

感覚が言葉じゃないように、衝動も言葉ではない。

突き動かされるものを大事にしたい。

 

 

 

 


もあ - 日記
確かに今回は振りが難しい気がしてきた(=前回が簡単だったのでは)。
まだまだ全然一人ずつゆっくり見れていないのだけど、今日きちんと全員一人ずつ説明することが大事だなと思った瞬間があった、し、今日話した人はたぶんこのことを考えてきそう、と思った。それはわからないけれど。

4月半分終了。
焦るけど焦らず4月後半で9割作る気持ちで行きたい。
よくよく思えば今回音先行と動き先行が半分くらいずつでほぼ音先行のわたしにしては珍しい気がする。
来週から時間を決めてシーンやろ。

昨日浅い眠りを繰り返し、繰り返す度に悪夢だった。
知らない人ばかりや対象が自分じゃない夢って不思議。
朝、迷っているわけでもないのに洋服が決められない。おしゃれしたいvsジョブズ論が再発。というより洋服についての思考回路が今停止気味です。

木は道路を避ける - 日記
こういう期間こそブログを書くべきなのだが作品のことを考えているせいか書く気が起きない。

振りが難しいらしい。
進んでるのに全然進んでいないように感じる。
丁寧に教えていると時間が即過ぎる。
やってきてる人ときてない人とすぐわかる。

インターネットの普及により些細ないろんなことでお金にできるようになったのだな、とバンドキャンプを見てて思った。
いろいろ思うことは良い方も悪い方もあるけど以下省略。

パンニングの曲好きだけどずっとヘッドホンで聴いていたら酔った。
この前バスに乗りながら珍しく酔った?と思ったら(車酔いとか全くない)、いつもの極度肩凝りだった。
これになるとこの時期が来ましたねと思う。

フィルムで撮ってもらった写真を見た。
たかまつさんもフィルムだけどいつもデータでもらうので現像だとすごく違うな。
もともとフィジカル愛が強いわたしだけど写真のフィジカルいいなこのどこでも何でもきれいに撮れて残せる時代に、燃やしたら消え失せるのすごくいい。
燃やして消したいわけではなく、データの方が飛ばしたり消したり早いけれど、浄化や念の強さがフィジカルの方が強そう。ああそういう意味ですごく当たり前なのかもしれないけれどデータというのは架空なのだな。
純消費者にはならず時代の流れとか関係ない大きかれ小さかれ楽しいことどんどん死ぬまでやりたいなと思った。
あと、全くジャンルとか関係なく好きな人たちのそういうのにたくさん触れたい。
畑とかでもいい。
友だちたちのご飯食べたい。

砂を飲み込む - 日記
今日は制作まりえさんと舞台監督さんが稽古を見にきてくだすった。
稽古の後飲みに行き、いろいろこれはできるのか、できないのか、の相談。
人と話す大事さを再認識。

ともあれダンス至上主義なので、ダンサーにかかっているよね、と思いつつわたしはわたしがやるべきことをやらねばいけない。
人が増えるとこういうことか、という当たり前を実感している。
すべり。

待つことも大事、と思うこともあったけど、果たして厳密に何もせず待つことなんて大事だろうか。全部。

今まさに春 - 日記
寝落ちる確率が増してる。
春だから?

ずっとあるって思ってしまいがちだけどそんなことはなく、なくなったり変わったりするんだったよね人の人生がある場所は、と春いつも思ってる気がする。
わたしはどうなっていくかな。